The Cell Factor オンラインゲーム・FPSのブログ「さっさとFPS!!!」

FPS・オンラインゲーム・ゴシックメタル・その他日記・フリーゲームやフリーソフトも紹介

ホーム > カテゴリー - The Cell Factor

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

The Cell Factor動画

このブログを書き始めてから
いろいろ調べるようになった俺は
幸運にもPhysXカードを6000円で入手できた。

もう6000円じゃ手に入らないのかな?
もともと4万くらいするカードだから(-_-;)

このカードが入ってるだけでいろいろ遊べてしまうのが良いところ
ってわけで「The Cell Factor」
実際にプレーしてみた(@゜Д゜@;)





スポンサーサイト
[ 2008/05/08 19:00 ] The Cell Factor | TB(0) | CM(3)

CellFactor

以前「AGEIA PhysX」についての記事を書いたが
大きな勘違いをしていたようですね^^;
物理演算処理が別にできるグラボではなくて
物理演算処理のためのPCIカードでした。
ゴメン(-人-;)(;-人-)ゴメン
20060908173301_0.jpg

↑グラボに似てるけど・・・



「物理演算処理の説明」
たとえばカーレースでガードレールに激突したとする
今までのゲームならクラッシュしたという判定だけで
車が炎上したり壊れたり

物理演算処理を加えると
車の速度とガードレールへの進入角度や材質などの条件により
まずガードレールは凹むとか切れるなどの破損をしますね
車は当たった場所がバンパーであれば
その箇所が実際のような条件で破損(軽ければ凹む、強く当たればペシャンコですね^^;)
当然破損した箇所によるその後の走行への影響など・・・

あああ ちょっと難しい話に・・・

この技術がFPSで使われるとなると((((;゚Д゚)))
相当リアルな世界が表現できるね。

AGEIA PhysXのカードがなくても以前からソフトウェアーで再現していたけど
専用の拡張カードのパワーは大きなものになったようですね。
格段に処理できるグラフィックがハイレベルになったようです。



でもその機能のために3万?4万のAGEIA PhysXを買う人なんているのか疑問に思ってたら
キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!
秋葉原の「クレバリー」というショップで6千円以下で売ってるではありませぬか!!!
当然買いましたがな凸(゚Д゚#)
やはり売れていなかったのでしょうか^^;
メーカーが潰れたような噂もチラホラ
そんで安く出回ったらしい。

以前紹介した「CellFactor」はフリーで楽しめるのでまた結果を報告します。




CFR_Poster_Guardian.jpg







[ 2008/01/07 01:06 ] The Cell Factor | TB(0) | CM(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。